古川不動産鑑定事務所/不動産

不動産鑑定

不動産の価格や適正な利用のご提案

「不動産の有効利用」を判定し、「適正な地価」を判断いたします。不動産の担保評価、相続財産の評価、裁判上の評価、不動産に関するコンサルティング等、身近で幅広いサービスの提供を行います。

不動産鑑定とは、あまり聞きなれない用語かもしれません。一言で言い表すと地域の環境や諸条件を考慮して「不動産の有効利用」を判定し、「適正な地価」を判断(提示)する仕事で国家資格を取得した不動産鑑定士が行います。簡単に言いますと、不動産(土地、建物)の価格や適正な利用を考える仕事です。実際には様々な分野で活動しています。国や都道府県が土地の適正な価格を公表する為の「地価公示」「地価調査」の制度をはじめとして固定資産税標準宅地の評価、裁判上の評価、不動産に関するコンサルティング等、意外に身近で広く公共団体や民間の求めに応じた業務を行っています。

不動産鑑定

  • 不動産の鑑定評価
  • 不動産の調査・分析・コンサルティング
  • 不動産売買および交換のための資料作成
  • 資産価値の把握のための資料作成
  • 税務と証明資料の作成
  • 不動産の賃貸借に係わる鑑定評価

不動産有効活用

将来を見据えたベストな活用方法

①収入の確保②相続税対策③次世代への継承等を念頭におきながら活用方法をご提案します。人口減少社会に突入している現状から将来を見据え、「不動産を守ること」から「資産を守ること」に重点を置いて最適なプランを導き出します。

不動産の有効活用を考えたとき、地元の不動産業者や住宅メーカー等によって「長期的に現金収入が見込めます」「相続税対策になります」という誘い文句で賃貸物件の建設を勧められることは多いと思いますが、果たしてそれがベストの活用なのでしょうか?人口や世帯数が右肩上がりの傾向が続いたり、一部の極めて優良な土地であればそうかも知れません。しかし、日本は人口減少社会に突入し、今後「空室が多くなってきた」「古くなり、予想以上に修繕費がかかる」等ということも充分にあり得ます。そこで、私どもは「不動産を守ること」から「資産を守ること」へと軸足を置き、税務・建築・不動産をあらゆる角度から分析、検討し、最適な活用プランを提案します。

不動産有効活用

  • 不動産有効活用の企画、立案
  • 相続税評価の低減検討
  • 相続対策のための収益物件の購入検討
  • 借地権等の権利調整